コンポーネント間のpropsの受け渡し - React入門

連載目次 : React入門
前回の記事 : ReactでAjax

今回からはReact 16.8で追加された新機能「React Hooks」について解説をしていきます。

React HooksはこれまでのReact開発を大きくかえる大規模なアップデートとなり、React Hooksの導入前と導入後では全く別の言語となったと言っても過言ではありません。

React Hooksを利用するとFunction Componentに様々な機能を追加することができ、Class Componentを利用せずにReact開発が可能になります。

React Hooksの基本構文としては以下の機能があります。

特殊なケースに対応した高度な機能としては以下が用意されています。

  • useImperativeHandle
  • useLayoutEffect
  • useDebugValue

まずは基本のuseStateについて解説を行っていきます。

次回の記事 : useState – React Hooks